SOHOを目指したワケ

20代の前半から、自分の人生設計で

「仕事」「結婚・家庭」「自分の時間」
という3つの要素をバランスよく持ちたいという希望は漠然と持っていた。

昔むかーし、結婚を前提に同棲をしていた彼がいて、その当時はフルタイムで働いていました。

朝早く起きて、二人分のお弁当を作って出勤、帰りに買い物をして、家に着いたらあわてて
夕飯を作って、食べ終わったら洗い物して、お風呂に入ったら あらもう寝る時間 o(;△;)o

土日の貴重なお休みは掃除や洗濯でつぶれてしまう。

当時の彼は掃除機をかけてる私に 「ちょっと遊びに言ってくるよー」 

と平然といい放ちさっさと出かけてしまうような 非協力的なお方。

゜゜(ノ´д`ヾ。)゜゜

慣れない家事に追われて、 自分の時間がどんどんなくなるし、 おしゃれを楽しむ
余裕もなくなるし、 気がついたのは 無理して「完璧」を目指すと息が詰まるということ。

それでも あきらめたくないのは何かを考えたら全部だった。

結婚しても、仕事は続けたい。
家事も最低限にはこなしたい。
それに加えて自分のための余裕の時間がほしい。

じゃあ、働く形を自分に都合のよい形に変えようって。

この時期がなかったら結婚後の自分の働き方や どういう形の結婚生活が
自分にとって幸せかを 真剣に考えることはなかったかも。
 

March 27, 2008 2:57 PM

SOHOという働き方

私は基本的にSOHO つまり自宅で仕事しています。

出勤は週に1日程度です。

低血圧で朝起きるのがつらい (;´д`) 毎朝同じ時間に電車に乗りたくない (ノД`)ヽ
でも、お仕事は好き(ノ´∀`*)♪ んでもってキャリアアップもしたいヽ(゜∀゜)ノ!

ここがSOHOスタイルで仕事するぞ! と決意した原点。

SOHOの一般的メリットは
○決まった時間に出社しなくてよい
○自分のペースで仕事ができる
○全国・海外でも仕事ができる

というトコロ
SOHOになって思う私的メリットは

○空いてる時間に用事が済ませられる。
○買い物にもいける。
○パソコンを触りながら、洗濯機を回している。
○ちょっと休憩がてら、洗い物をする。

逆にデメリットは

○スケジュール、時間の管理を自分でしなくてはならない。
○プライベートと仕事の区別がつきにくい。
○納期に追われて徹夜の日もあり。
○パソコンに向かいっぱなしなので、肩こりや頭痛の職業病も・・・

といったところでしょうか。
 

March 27, 2008 2:51 PM

子供優先でキレイママ

供優先でキレイママ
ママになっても綺麗でいたい おしゃれしたい
でも、今までとまったく変わらずというわけにはいかない。
あくまでも子供のことを考えてその中でできる範囲でオシャレを楽しみたい。

たとえば

香水は大好きだけど、自宅にいるとき、子供と出かけるときはつけないように。

その代わり、仕事の打ち合わせ、友人との食事など
預けて出かけるときは今までと変わらず香りのオシャレをする。

ネイルアートは楽しむけど、危ないのでラインストーンは今はお休み。

大きなピアスやデザインリング、時計などは子供抱っこするときははずす。
(時々忘れちゃってあちゃーってなることもあるんですが・・(*_ _)

逆に妊娠前は不摂生だった私は子供を持ったことで
気をつけるようになって美人へ近づいていることもたくさんあります。

タバコ、お酒をやめてるのでお肌の調子がイイ!

赤ちゃんにほおずりできるようにすべすべの美肌を保ち
赤ちゃんに触れる手はがさがさにならないように
お手入れがいきとどいた状態にしておきたいですよね。

スキンケアをきちんとすると、子供にとってもママにとってもうれしいことばかり。

質のよいおっぱいを飲ませるために食生活に気をつけ、
食物繊維もよくとるようになったので、便秘も解消。

子供がいる生活を考慮しながら美人を目指したいですね。

 

March 23, 2008 3:14 AM

充実した休日を


貴重な休日は有効に過ごしたいものです。平日の疲れを癒してリフレッシュできる
余裕を持ったスケジュールを立てましょう。

育児
・子供とのコミュニケーションをたっぷりとる。
・家族みんなが楽しめる時間を持つ。
・外出だけでなく、料理や掃除をみんなでのんびりやってみる。

家事
・たまった家事をまとめて休日派、平日に家事をして休日は一切家事をしない派
 自分に合った方法を見つけましょう。

私は平日手が回らない箇所の掃除や、シーツの洗濯、布団干しなどは休日に回しますが、
基本的に休みの日は一切家事をしたくない派です
休日の夕食は外食にして楽しています。

自分の時間
・パートナーと時間を融通しあって、美容院・ショッピングなどの時間確保
・趣味の時間を持つ。
・英語・パソコンなどキャリアアップのための学校や講座へ通う。

託児つき施設の利用
対象年齢や料金、予約の必要などは施設により異なりますので、確認しなくては
なりませんが、デパート、美容院、カルチャーセンターなどにも託児つきのところがあります。

パートナーと休日が合わない、預け先が見つからないなどの場合は
託児つき施設の利用も選択肢の一つとしてみてはどうでしょうか?
 

March 23, 2008 3:13 AM

子供との信頼関係


乳幼児期にママからたっぷりの愛情を注がれ、信頼感を育むことは大切です。

しかし、子供と接する時間が長いからといってそれだけ愛情が注がれているという
わけではないと思います。

私は子供と過ごす時間は長さよりも密度だという考えです。

限られた時間内で、抱きしめてあげたり、話をじっくり聞いてあげたりと
たっぷりと愛情を感じさせてあげることにより、深い信頼関係を築くことができると思います。

・仕事には知らないうちに出かけない。「目を見て いってきます!」
・家に帰ったらまず子供との時間を。家事は後回し。
・寝る前は、寝つくまで添い寝してあげよう。


時間が限られていますから、意識してコミュニケーションをとる時間を
持つようにしなくては、せっかく一緒に過ごす時間なのに薄い時間になってしまいます。

家事の効率ばかりを考えずに、時間がかかっても子供と接することを優先させたいものです。

・お迎えを先に行って、一緒に買い物を済ます。
・一緒に食事の用意をする。
・テレビを一緒に見る。


・いつも厳しいのでは愛情は伝わらない。→本当に必要なときだけ厳しく。
・ものを与えすぎない。→抱っこしてあげる。本を読んであげるなどという方法で愛情を伝える。
・ストレスを子供に向けない。→ 仕事のイライラは別のところで上手に発散しよう。
・せかさない。→ 急ぐのはママの都合。余裕を持って見守りましょう。
 

March 23, 2008 3:12 AM

DINKS DEWKSを続けるには


共働きをうまく続けたいなら、パートナーの協力は必要不可欠です。

働いてると家事ができない日だってある。
洗濯物がたまってたりする日だってある。
ご飯を作るのが面倒な日だってある。
飲み会や、会社の付き合いだってある。

自分を応援してくれ、快く理解してくれる だんな様が理想的ですよね。

今まで家事なんてしたことないだんな様をうまくおだてて家事能力を
開花させた例もたくさんあります。

以前は、家事も自分がやったほうが早いし
キレイだし、ダーリンにやらせるのは悪いし・・ と思っていました。

でも、家事は自分の役割!と意気込んでいるよりも
ほんのちょっとしたことでも 手伝ってもらうと本当に楽なのです。

洗い物、ゴミ捨て、洗濯ものを干す。お風呂を洗う。

さすがにご飯は作ってもらえないですが(>_<)ヽ
(とてもじゃないが、口にできる物体を作れるとは思えないし。。)
コレくらいはやってもらえるようになりました。

お互いに完璧を求めないことも必要です。

家事を簡単に済ませる。
翌日にまわしてもかまわないことは無理して今日やらなくてもよい。
ということを認め合いましょう。
 

March 23, 2008 3:11 AM

人生を楽しもう


「何をおいても子供最優先が母親の義務」
「自分のことは子供の手が離れてから」
「自分のための時間を作る=育児を放棄してる勝手なママ」
という考えを持ってる人はまだまだ多いのかもしれない。

子供と過ごす時間はとても満たされた幸せな時間だし一番大切な時間。

でも、仕事、遊び、自分磨き 子供を生むまでに経験してきた

「人生を楽しむこと」「自己実現を目指すこと」

そして「女性・個人という役割」を

子供が生まれたからといって急にやめる必要はないと思う。

世の中の人全員がずーっと子供と一緒の生活が最良の幸せだったら
「育児ノイローゼ」になんてなるママはいないのでは?

子供と接する時間が長いからといってそれだけ愛情が
注がれているというわけではないと思う。

長い時間をすごしていても携帯メールばっかりしているママよりも
限られた時間内でも、抱きしめてあげたり、話をじっくり聞いてあげたりと
たっぷりと愛情を感じさせてあげるママのほうが、深い信頼関係を
築くことができるんじゃないかな。

外出せずに、誰とも会話せずに1日中赤ちゃんと二人きりの日が
続くとストレスがたまる。

世界が狭くなり、視野も狭くなり、社会に取り残された気分に
なることもあるかもしれない。

子供を預けて仕事をすること、自分の時間を作ることに
罪悪感を持たなくてもいいんじゃないかな。

子供と過ごす時間は長さよりも密度。

仕事、家事、育児 を全部自分でこなさなくても家族を頼ったり
保育所を頼ったり、ベビーシッターを頼ったり、家電やお惣菜
便利なサービスを使って手抜きしてもいいじゃないですか。

イライラして、怒ってばっかりで、いつもつまらなさそうな顔をしているより、
楽しく笑顔で毎日を送っている方がずっといいと思いませんか?
 

March 23, 2008 3:10 AM

理想のママ像


あるアンケートで
「あなたの考えるいいママとは?」
「あなたはいいママですか?」


という問いがあった。
私はどちらも答えることができなかった。

何をもって「いいママ」という定義なのかがわからなかったからだ。

でも、自分がいいなと思う親子関係というのはある。

「年の離れた姉妹・兄弟のような関係」

無理して若作りして子供と張り合おうとかそういう類のものではなく、
信頼して何でも話せる、相談できる関係が理想。

「自分の子供」というより「一人の男性・女性」「個人」
として対等な立場で接していきたいと思っている。

そして、「ママみたいになりたい」と 娘から思ってもらえるステキな女性でいたい。

「ママみたいな女性と結婚したい」と
息子から思ってもらえる魅力的な女性でいたい。

姉妹みたいだから、友達みたいだからといって
「都合のいい親」になるのではなく、
ダメなことはダメってはっきり自信をもっていえる
尊敬される存在でいたいと思っている。

そんな、理想どおりにはいかないよ って思いますか?

でも、こういう親子もステキだと思いません(´▽`*)?
いいでしょ。言うのはタダなんだから( ̄ー ̄)
 

March 23, 2008 3:09 AM


ランキングに参加してます!
ワーキングマザー育児ランキング