慣らし保育

いきなり長時間預けるのではなく、
保育園の生活環境に少しずつ慣らしていくことを
慣らし保育といいます。

最初は親子一緒に1~2時間過ごす。

次はお昼までママとバイバイ。

慣れてきたら お昼ごはんまで お昼寝まで 夕方まで 

というように、だんだん時間を延ばして
生活リズムを作っていきます。

園に慣れるまでの期間は子供によってばらつきがあり、
初日からまったく大丈夫な子もいれば
1ヶ月経っても泣いてる子もいます。

泣いてる子供を置いていくのはつらいものが
ありますが、ママが不安になると子供は
もっと不安になりますので、保育士さんを
信頼して、気持ちを切替え、お仕事に向かいましょう。

私の場合、慣らし保育は3日で終了しました。

離れるときは泣くのですが、私がドアを
出た瞬間、ケロっとして保育士さんと遊んでました。

人見知りしない性格な上、1歳になるまでに、
実母に預けたり、保育所の一時預かりを利用したりと、
私と離れるのに慣らしておいたのもよかったのかもしれません。

慣らし保育中はお迎えの時間が早くなりますので
休暇を取ったり、早退したりと勤務時間の調整が必要です。

パパの協力や、祖父母の協力なども含め
この期間を乗り切る方法も考えておかなくてはなりません。

私は3日で終了したので、初日と2日目はお休みを
いただいて、3日目はお昼で早退しました。



ランキングに参加してます!
ワーキングマザー育児ランキング






March 23, 2008 3:44 AM

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://wmc.a-o-i.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/61