出産後の手続き

出産後にはしなくてはならない手続きがいろいろあります。
パートナーと協力して必要な手続きを済ませるようにしましょう。
※ 手続きしないと給付金はもらえません!書類はいつまでに何をそろえたらよいかなど
会社の総務や人事に相談して、出産後あわてないように準備しておきましょう。


■出生届 市役所へ■
生後14日以内に手続きします。
病院で記入してもらう「出生証明証」「母子手帳」「印鑑」が必要です。
届出人は、原則はパパまたはママですが、同居人などでもOKです。

届けの遅れの原因に名前が決まらないからというのがあります。
妊娠中に赤ちゃんの名前を決めておく、候補をあげておくほうがいいでしょう。

■出生通知票■
母子手帳に添付してある「出生通知票」を保健所へ送ります。
保健師さんの訪問指導が受けられますし、赤ちゃんの健康診査・予防接種の案内などを
送ってもらえるようになるので、早めに送ること!

■出産育児一時金の申請■
「出産育児一時金」の申請をします。申請用紙は、会社(国保の場合は役所)でもらえます。
※病院で記入してもらう欄があるので、入院中に用意しておきましょう。

■出産手当金の申請■
「出産手当金」の申請をします。申請用紙は、会社でもらえます。
※請求用紙には、出産した病院の証明が必要なので、入院時に持って行くのを忘れずに。

■育児休業給付金の申請■
「育児休業給付金」の申請をします。申請用紙は、会社でもらえます。

■赤ちゃんの保険加入■
「出産育児一時金」の手続きをしたら、赤ちゃんの健保加入も済ませましょう。
国保の場合は、母子手帳と保険証を忘れずに。加入後、「乳幼児医療証」が交付されます。

■児童手当金■
所得制限があり、全員もらえるわけではありません。
所得限度額は、加入している年金の種類と扶養者数で違ってきます。
手続きの翌月から支給され、さかのぼって支給されないので、まずは役所に問い合わせておきましょう。


どちらの扶養にするか
健康保険の手続きをするために、早めにどちらかの扶養に入れる手続きをしなくてはなりません。
子供を扶養すると、扶養控除を受けることができ、税金が安くなります。
パパとママ、所得の高い方の扶養にすると税率が下がり得になることもあります。

また、会社からは家族手当が支給される場合もあります。
パートナーと自分の会社の制度をよく比較して選択するといいと思います。

子供が二人いる場合は、ひとりずつ扶養にすることもできます。


ランキングに参加してます!
ワーキングマザー育児ランキング






March 20, 2008 5:40 AM

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://wmc.a-o-i.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/30