【妊娠9ヶ月】体重コントロール作戦

体重コントロールが必要なワケ

ママが急に太ってしまうと、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)を
引き起こす原因になることがあります。

また、産道に脂肪がついて、赤ちゃんが通りにくくなることがあり、
帝王切開でのお産になる確率が高くなります。

おなかの赤ちゃんのために快適な環境を作るために、
ママにできることが体重をコントロールなのです。

私の体重コントロール方法 10のPoint

Point① ゆっくりよく噛んで食べる。
Point② 食事前に水を飲む

食べてから満腹感が得られるまでは時間がかかります。
食べすぎを防ぐためにも、ゆっくりとよく噛んで時間をかけて食事をするのは
体重管理の基本中の基本!
かむことにより、消化もよくなります。

また、食事前に水を飲むと、まったく空腹で食事を取り始めるより、早く満腹感が得られます。
簡単な方法なので、食事前にお水やお茶を一杯飲む習慣をつけてみてはどうでしょうか?

Point③ 大盛にして取り分けるスタイルをやめる

大盛りの料理を取り分けると、何をどれくらい食べたのかわからなくなります。
自分の食べる分量がわかるスタイルを心がけましょう。

Point④ 少量ずつ何度かに分けて間食防止

朝、昼、夜の食事を1日5-6回と小分けにします。
すぐに食事の時間がくるので、間食も我慢できます。

Point⑤ 早寝、早起きの生活を
Point⑥ 昼食以降は食べるのを控えめに
Point⑦ 夕飯は遅すぎない時間に調整

夜はエネルギー消費量が減り、脂肪を蓄えやすい状態になります。
夕方以降はなるべく食べるのを控えめにしましょう。

私が体重管理をする上で一番効果があったのが、
夜遅い時間に食べないということだったと思います。
夜6時~7時以降は飲み物以外ほとんど食べ物を口にしませんでした。


遅くまで起きていれば、それだけ夜間の飲食の時間が増えます。

夕食の時間はなるべく早く設定して、寝る前の3-4時間前には済ませること。
パパの帰りが遅い場合は、夕食は待たずに先に済ませてしまいましょう。

体重コントロールが必要な期間は短期間ですし、一緒に食事を取らなくても、
横に座ってお茶を飲んだりしてお話するというコミュニケーション方法もとれます。

Point⑧ ドレッシング・マヨネーズをつけすぎない

せっかく、低カロリーで栄養のあるお野菜を取っても、
ドレッシングやマヨネーズをたっぷりかけてしまうと
高カロリーになってしまいます。かけすぎに注意です。

Point⑨ お菓子は買い置きしない

お菓子を買い置きしてしまうと、どうしても手が伸びます。
なかったらあきらめますから、買わないのが一番です。

Point⑩ 適度な運動は必要

体調が悪くなければ、マタニティビクスやウォーキングなど、体を動かしましょう。


ランキングに参加してます!
ワーキングマザー育児ランキング






March 20, 2008 5:32 AM

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://wmc.a-o-i.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/26