【妊娠8ヶ月】ペアレンツクラス体験

パートナーと一緒に病院で開催されているペアレンツクラスに参加してきました。
パパにも妊婦の大変さや、生まれてからお手伝いしてもらえることなど理解してもらえるいい機会でした。

ペアレンツクラスの内容

①パパの役割 ママの気持ちの変化と胎教についての説明とママへの接し方
②日常生活 喫煙について。買い物や重たいものはパパが持つなど。



※妊婦体験ということで、パパ達が10キロのおもりを
付けて寝転がったり、靴を履く動作をしたり。
残念ながら、うちのダーリンは順番が回ってこなかったのですが、
皆「超重い・・」とつぶやいていました。
この体験をするとママにいつも以上に優しくなれる 笑

③入院準備 ママが入院するときに必要なものや、連絡内容、連絡先の確認など。
④赤ちゃんが生まれてからの手続き 出生証明書の提出など。
⑤パパにもできる赤ちゃんのお世話 
 1. オムツの取替え
 2. 沐浴
 3. ミルクを作る
 4. ミルクを飲ませる
 5. 赤ちゃんとのふれあい(声かけ・だっこ・散歩など)

ミルク作り、赤ちゃんの抱っこ体験(3kgのリアルな人形を抱っこする)、沐浴体験と
パパたちは、育児の大変さを実感して帰ったのでした。

最後に時間のある人だけということで、「パパの赤ちゃんへの話しかけ」のビデオを鑑賞しました。
おなかの赤ちゃんへパパが声をかけるというのはとても大切なことだという内容でした。

赤ちゃんがママに求めるものは「安心」
パパに求めるものは「何か楽しいわくわくしたことや好奇心」
といったように、それぞれ役割が違うという内容でもありました。

体で妊娠を感じないパパには、言葉では実感できないことだらけなのかもしれません。
こういった体験を一緒にすることで、育児を二人でやっていくのだという自覚が芽生え、
よりいっそう理解を深めてもらえるいいチャンスなので、時間があえば、一緒に参加される
ことをオススメします。

 



ランキングに参加してます!
ワーキングマザー育児ランキング






March 20, 2008 5:30 AM

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://wmc.a-o-i.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/24