【妊娠5ヶ月】胎教

★オススメ音楽CD★
胎教にはクラッシック!とこだわらず、J-POPでもOK!
好きな音楽を聴いてリラックスすることが重要なのです。




★話しかけ★
赤ちゃんの聴覚は、妊娠7ヶ月頃には完成します。
おなかの中で聞きなれた声が生まれてからも聞こえると赤ちゃんは安心するそうです。
パパとママは照れずにたくさん話しかけてあげましょう。

<ポイント>
落ち着いたスピードで大きな声でメリハリをつける。
ネガティブなことは言わない!前向きな言葉を話そう!

パパには「もう耳は聞こえるらしいよ」というと自分から率先して話しかけ始めました。
内容は「パパですよー」とか「今日は○○があって・・」とか、
たわいもないことですが、毎日話しかけています。
ただ、必要以上におなかに口を引っ付けて話すので、振動でくすぐったくて仕方ありませんでした・・


★読み聞かせ★
読み聞かせは楽しい時間を共有することに意味があります。
妊娠中に繰り返し読んだ本は生後に読んであげると反応があり、喜ぶらしいです。
私も自分が好きだった絵本を買ってきて読んであげていました。




★キックゲーム★
キックゲームは、赤ちゃんがお腹をけったら、お母さんがお腹をたたいて応えるコミュニケーション方法。

胎動があったとき(あかちゃんがキックしてきたとき)に、
その場所を「キック」と言いながらポンとたたきます。
「キック」は、ハッキリとした発音で。

しばらく待っていると(1~2分位)でけり返してくるので、
また「キック」と言いながらポンとたたきます。
すると、また同じ場所をけり返してきます。毎回、沢山ほめてあげましょう。

何分待っても帰ってこない時もあります。
何度も繰り返すうちに、必ず返事が返ってくるようになってきます。

慣れてきたら、今度は数を数えます。
「ふたーつ」と言いながら、お腹をポンポンと2回たたきます。
すると赤ちゃんは2回けり返して答えます。
お母さんがリラックスしているときは赤ちゃんの反応もUPするそうです。


★一番大切なのは・・★
赤ちゃんが生まれるとお世話に追われる毎日になります。
おなかの中に宿った命の成長を、自分の体を通して実感できる
妊娠中が一番幸せなときかもしれません。

私は妊娠前は、仕事のストレスでイライラしたり、ちょっとしたことで怒ったりと
情緒不安定なことも多かったのですが、「一人の体じゃない」という気持ちからか
妊娠してからの方が精神的に安定しました。

胎教によいといわれる音楽を聴くことや、
読み聞かせももちろんいいことですが、ママがストレスをためずに
ゆったりとした気持ちで生活することが、赤ちゃんにとって一番です!

・十分に睡眠をとる。
・何でも完璧を求めず、家事も仕事も気楽にこなす。
・ダーリンにマッサージしてもらったり愚痴を聞いてもらう。
・一人で抱え込まず、誰かに話を聞いてもらう。


ストレスを上手に解消して、のんびりと余裕をもってマタニティライフを楽しみましょう♪



ランキングに参加してます!
ワーキングマザー育児ランキング






March 20, 2008 5:22 AM

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://wmc.a-o-i.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/19