【妊娠5ヶ月】妊娠線の予防

妊娠線って?
妊娠するとおっぱいやおなかが大きくなるにつれて、皮膚も引き伸ばされます。
この時それほど弾力性のない皮下組織は表皮の伸びるスピードについていけず、
ひび割れしてしまうのです。 このひび割れが妊娠線です。

予防方法は
妊娠線を予防する対策として一番いいのは太り過ぎないこと。
急にお肉がつく所はおなかだけではありません。
太もも、おしりもチェックしましょう。

皮膚に水分と油分を与え、弾力性を保つために妊娠線予防クリームでマッサージしたり、
ローションや乳液などでお手入れするのも効果的です。

皮膚が急速に伸びる少し前の妊娠5か月ぐらいから使い始めましょう。

妊娠線は脂肪がつきやすい部位に表れやすいので、おなか全体
(前だけでなく、わき腹も忘れずに!)から足のつけ根、お尻、太もも、
さらにおっぱいの下側の部分なども要チェック!

出産後も美しいボディを保つために、早めに妊娠線のケアをはじめましょう。



 

★妊娠線予防クリーム・オイル
ピジョン キュアケア ボディマッサージクリーム
ピジョン キュアケア ボディマッサージクリーム
妊娠線ができるのを防ぐボディマッサージクリーム。3種類の天然油脂(ホホバオイル・オリーブ油・スクワラン)と5種類の天然植物エキス(ツボクサエキス・スギナエキス・ボタンエキス・カッコンエキス・ユキノシタエキス)をバランスよく配合。無着色・無香料。

薬用ストレッチマーク
薬用ストレッチマーク
妊娠線予防に効果的なマッサージクリームです。妊娠中、出産後のお肌に潤いを与え、柔軟性を保ちます。妊娠中のおなかのお肌は、張って硬くなるので妊娠線が出やすくなります。「薬用ストレッチマークg」をつけて毎日マッサージをすることにより、肌の柔軟性を保つことができ、妊娠線の予防につながります。薬用ストレッチマークgは、天然のココアバター成分、アボガドオイル、コットンシードオイルなどお肌にうるおいを与える成分が、バランス良く配合されたリッチなクリームです。胎児への影響はありません。妊娠線の徴候が表れる前からの使用が望ましく、使用の開始期間は妊娠3-5ヶ月目位で、腹部のお肌が張った感じがするようになりましたら始めていただくことをおすすめします。

コーラルムーン マザートュビーボディケアオイル(ストレッチマーク) LFS
コーラルムーン マザートュビーボディケアオイル(ストレッチマーク) LFS
「コーラルムーン マザートュビーボディケアオイル(ストレッチマーク) LFS」は、100%天然成分を使用した妊娠線予防オイルです。刺激を与えないように希釈した、ラベンダー・フランキンセンス・サンダルウッドの精油が入っています。お風呂に入った後などにお使いいただくと、しっとりと保湿して乾燥を防ぎます。マッサージをしながら、おなかの赤ちゃんとのコミュニケーションが楽しめます。マッサージをする事により、気分もリラックス。



ランキングに参加してます!
ワーキングマザー育児ランキング






March 20, 2008 5:21 AM

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://wmc.a-o-i.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/18