【1歳までの行事】お宮参り (生後30日頃)


お宮参りは、無事に誕生をしたことを産土神様や氏神様に報告し、
健康と幸せを祈願する儀式です。

昔は「お産=汚れ」とされていたため、汚れを祓う意味もあります。

もともと、お宮参りはママと赤ちゃんと義母の3人でするもので、
母親は忌み明けが済んでないので、義母が赤ちゃんを抱いて
お参りする慣わしがあります。

★日取り 一般的には男の子が生後三十日目、女の子は生後三十一日目、
又は男の子が生後三十一日目、女の子が生後三十二日目に
お参りを行うことが多いようです。

ただ、はっきりとした日にちが決まっている訳ではないので
赤ちゃんの様子を見て、生後一ヶ月前後を目安にお参りしましょう。
★行事のセッティング
と費用負担はパパと
ママで。
①神社でお祓いを受ける
あらかじめ予約しておきます。
御礼の金額は神社によって違いますので事前に調べておきましょう。
のし袋の表書きは「御玉串料」「御初穂料」と書き、
赤ちゃんの名前(フルネーム)で納めます。
のし袋は紅白の蝶結びか白封筒で

②写真館で記念撮影
午前中に撮る、お宮参りを済ませてから撮る、事前に撮るなど
スケジュールにあわせて予約を!

③両家の両親たちと食事会
といった流れが一般的。
★赤ちゃんの服装 赤ちゃんには、ベビー服の上から祝い着の着物を
羽織らせるのが正式な服装。最近では、レンタルの衣装を利用したり、
セレモニードレス、外出用のベビー服を着せる人が多くなりました。
★大人の服装 赤ちゃんが正式な祝い着ならば大人も正装で行きましょう。
男性はスーツで、女性は色無地の紋付や留袖。
略式ならばワンピースやスーツなどで。


ランキングに参加してます!
ワーキングマザー育児ランキング






March 27, 2008 2:37 AM

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://wmc.a-o-i.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/85